【転職活動】転職活動が上手くいかないときに読んでほしいこと

未分類

転職活動って大変ですよね。応募しても書類選考に通らなかったり、面接をしても不採用通知が来てしまったり、転職活動中は落ち込むことが多くありますよね。

この記事を開いてくださったかたも不安な気持ちになっていたり、落ち込んでいらっしゃるのではないかなと思います。

ここでお伝えしたいのは、「不採用=否定」ではない!ということ。

面接を通してたくさんの方とお会いしてきましたが、本当にそうなんです。ただ、その会社と合わなかっただけなんです。

恋愛と同じですが、失恋をして、あんな素敵な人と出会えるなんて思わなかったけど、今は素敵な人に出会って幸せに過ごしているみたいなことって経験ありませんか? それか、あんなひどい奴のことが好きだったのが今では信じられない、、みたいな。

会社も同じです。不採用にされたからと言って、今後その会社以上の会社に出会えないなんてありません。

でも良い会社と出会うためには、やるべきことがたくさんありますので、この記事ではそこをご紹介していきたいと思います。

良い会社に巡り合うためにやること
  1. 応募する企業を見直してみよう
  2. たくさんの会社に応募してみよう
  3. 面接準備をしっかりしよう

1.応募する企業を見直してみよう

選考に通らない要因の一つとして、自分のスキルに見合っていないハードルの高い条件に応募している可能性があります。

または、応募条件に当てはまっていないけど応募しているケースです。

会社が求めている人物像と自分のスキルに合っていないという事実は変えられることは出来ません。

1.確実に通過する求人 2.通過する確率が半分の求人 3.ハードルの高い求人

3のハードルの高い求人に応募したい気持ちもとてもわかりますが、3だけの求人に応募しても落ち込むだけなので、1~3まで応募していきましょう。

2.たくさんの会社に応募してみよう

またそのほかの要因ですが、そもそも応募している数が圧倒的に少ないという点が挙げられます。

同じ業界や職種で転職を考えているのであれば、書類や面接で通過する確率が高いので少なくても問題はありませんが、たくさん応募してほしいのは異業種や異職種に挑戦する場合です。

未経験者であれば、経験者と比較されたときに不利ですので、15社以上は応募するようにしましょう。

面接が久しぶりの方も多いかと思いますが、転職の初めての面接が第一希望というのは極力避けたほうがおすすめです。よっぽどのパフォーマーでない限りは公開する結果となるでしょう。

久々の面接の場合は第一希望でない会社の面接を先に受けたり、面接練習をしてからがおすすめです。今では、面接練習をしてくれるエージェントもあったりしますので、そこでフィードバックをもらってから挑むのがおすすめです。

3.面接準備をしっかりしよう

面接で落ちてしまう方の要因としては、面接準備がしっかりできていないという点が挙げらえます。

書類選考に通過したということは、今までの経歴から会ってみたいと判断されたということです。経歴が圧倒的に合っていないのであれば、書類は通りませんから。

面接前にはしっかりと準備をしましょう。

面接前にしっかりその会社のHPは見ていますか?会社の事業内容や製品だけではなく、経営理念などにもしっかりと目を通しておきましょう。(覚えているのがベストですが、オンライン面接であれば、カンペを用意することも出来ます)

想定質問に対する回答もすべての会社に同じように答えていてはいけません。この会社だったら、求人にこういう人物を求めていると記載があるから、その人物に近い自分に合う回答を用意しましょう。

面接では、会社に合うかどうかの判断もしていますから、ベンチャー企業に安定企業に求めることを話してはいけませんし、マルチタスクを求めている企業にひとつの業務に集中したいとかそういった回答もNGです。

その会社の特徴に合わせて、自分の気持ちに嘘のない範囲で準備をしましょう。(自分に嘘をついてしまった会社で働いても、合わなくてまた転職になるだけなので注意です。)

今、なかなか内定の連絡がない方は不安な気持ちや焦る気持ちをお持ちだと思います。

人と同じで世の中には会社が本当にたくさんあります。諦めずに行動に移すことで必ず未来が見えてきますので、諦めないでください!

素敵な会社と巡り合うことを応援しています!

コメント

タイトルとURLをコピーしました