【転職活動】ライフイベント(結婚、出産、介護など)が控えた転職どうする?

未分類

転職はいつでも出来るものでありますが、それが結婚や出産を控えていることがわかっている場合はどうでしょうか。

転職はしたいけど、今のタイミングで転職したら、出産をすぐには出来ないし、結婚生活にも影響が出てしまう、など悩むことばかりですよね。

そんなときの転職活動について書いていきたいと思います。

見出し
  1. 結婚・出産はしたいけど、転職もしたい
  2. 育休を取り終わったら退職したいと思っている方に考えてほしいこと
  3. 時短勤務中の転職は現実問題とても厳しい
  4. パートナーとしっかり話し合うことが大事

1.結婚・出産はしたいけど、転職もしたい

20代後半~30代の女性で転職をしようと思っている方の悩みの1つが今後控えている(控えているかもしれない)結婚や出産のことですよね。

私は現在30代半ば(未婚)ですが、30代に入ってすぐに転職をした際に同じことを考えました。

転職して1年間は産休を取れない。でも1年ですぐに産休に入るって会社にも悪いし、1年半はな・・・とか、転職してもその会社で育児勤務している人ってどんな働き方をしているんだろう、同じ部署に戻れないこともあるのかな・・・などいろんなことを考えました。

この記事をご覧いただいている方も同じような考えや悩みを持っている方が多いのではないでしょうか。

結婚してすぐだったり、妊活をしている方は特に悩むのではないかなと思います。この記事は皆さんの状況に合わせて読んでいただけたらと思います。

2.育休を取り終わったら退職したいと思っている方に考えてほしいこと

人事ユイ
人事ユイ

今の会社で産休育休中の皆さん、育休が終わったら会社を辞めようかな、と思っていませんか?

子育ての中で、今はお子さんの近くにいたいと思っている方は別ですが、育休明けに転職したいと思っている方は少し立ち止まって考えてみてください。

産休明けに今の会社を辞めたとします。

最初に待ち受けるのが保育園問題です。これは日本の大きな問題でもありますが、会社の選考を受けたいと思えば、先に保育園を見つけてきて下さい。保育園を探していれば、働き口を見つけてきてください。会社と保育園にそう言われてしまうのがほとんどなんです。

1000名以上の主婦の方々とお会いする中で、こういう風に言われてしまった方々が本当に多いと言ったら、、働ける条件ではなく、通常の面接と同じ内容の質問をしていた時に、内面の部分を面接で聞かれたのは初めてです、、と泣き出してしまう方もいるほどだったんですね。

産休明けだとお子さんの年齢は1歳くらいが多いですよね、体調不良になって保育園から呼び出しをくらうことも多い年齢です。

会社としては、小さなお子さんがいる方より、独身やお子さんに手のかからない年代の方が欲しいと思っているんです。

産休明けに他の企業で働きたい気持ちもわかりますが、一度復帰してみて、それでも耐えられない状況であれば考えるようにしましょう。案外環境が変わっていたなんてこともあるかもしれません。

3.時短勤務中の転職は現実問題とても厳しい

育児勤務中で時短勤務をしている方で転職をしようと思っている方は、長期戦であることを忘れないでいてください。

皆さんもお分かりだと思いますが、とても厳しいのが、今の日本の現状なんです。

残業が出来ない、保育園の呼び出しがあるかも、子供の体調不良で休みがちになるかも・・・など会社からすると不安要素がたくさんあるんです。

ただ最近は労働人口が減っていたり(なので主婦層の採用も以前より増えた)、女性の採用を積極的に行っている企業もたくさんありますので、根気強く探す時間を作ること、また求められる人材になれるようにスキルや資格を取っておくことも有効です。

私の友人は粘り強く求人を探しながら、同時に資格をいくつか取得して、無事に良い会社への就職が決まりました。その資格には直接仕事に関係するものではなかったそうですが、資格取得への前向きな姿勢も評価されたのではないかと予測します。

4.パートナーとしっかり話し合うことが大事

女性のキャリアに重要なのがパートナーと同じ方向性を向いているか、一緒に方向性を決めていたかです。

今結婚している方も、今のパートナーとこれから将来を歩んでいこうと思っている方も、ご自身の働き方について、しっかりと話し合っておくことが大事です。

これから家族になって、支えあいながら生活をしていくので、一人で方向性を決めて進んでいってしまうと、家族崩壊にもなりかねません。自分がどんな働き方をしたいのか、家族の生活をどうしたいのか、子育ては?家事は?家事の外注はしても良いか?など、話し合ってみないとお互いの気持ちって意外とわからないものなんですよね。

悩みもパートナーに話してみたら、気持ちが楽になったとか、そういったことも聞きます。逆のパターンありますが、、そういうときは身近な気持ちのわかる方や、同じ経験のある方に相談すると良いかと思います。

なんにせよ、同じ家族ですからしっかり話し合ってみてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました