【転職活動】退職理由って正直に話しても良いの?面接官が教えます!

未分類

転職の面接で必ず聞かれる質問の「転職理由」ですが、皆さん本当のことをベラベラと話していませんか??

大体の方が、転職理由を正直に話していたらその会社からは不採用メールが届くことでしょう。

この記事では退職理由をどう伝えるかについてご紹介していきます。

退職理由は正直に話しても良いのか
  1. 退職理由は「前向き」な理由を話すこと
  2. 正直に伝えても良い理由とは?
  3. こんな転職理由は面接で落とされます

1.退職理由は「前向き」な理由を話すこと

転職をしようと思っている皆さんは大体がその会社へ何かしらの不満抱えているからだと思いますが、面接ではその不満を口にすることはNGと覚えておいてください。

なぜ「不満」を言ってはいけないのか。

面接官はあなたがその会社にふさわしいのかをジャッジする立場ですので、その方の退職理由が不満を理由にしている場合、うちの会社でも同じことになるのでは?と思ってしまうんです。

不満が転職理由になっている方を採用したとしても、また退職するんでしょと採用に至らないケースがほとんどですので、不満ではなく前向きな転職理由を伝えるようにしましょう。

転職をしたい理由には「給与」「人間関係」「仕事内容」「休暇などの働き方」などたくさんあると思いますが、今までその会社で働く中で前向きな理由に変換できる部分をぜひ探してみてほしいです。

「給与」が転職理由だったとして、次の転職先で求めるものは「給与」だけでしょうか?ほかにもこんな仕事がしたいなどの理由がもしあれば、それを前向きに伝えることが大切です。

もちろん、本当に思っているということが重要ですが、ほとんどの方の心の中に小さくてもそんな気持ちがあるのではないでしょうか。

自分の気持ちを深堀して、前向きな転職理由を探してみてください。

2.正直に伝えても良い理由とは?

会社が倒産した場合や給与支払いが止まっているなど、不可抗力によるものである場合はそのまま正直に伝えても問題ないでしょう。

ただプラスで転職理由を加えることを忘れないようにしてください。

その他にも例えば慢性的なサービス残業がある場合など、具体的な数字を交えながら説明すると良いでしょう。

「毎日終電近くまでの残業に、休日出社をしなければ業務が回らない状態が2年間続いているが増員や業務委託などを提案しても通らず、体調に影響が及んでしまうと思った」などですね。

もちろんこれにプラスでそのほかの理由も加えましょう。

この理由だけで不採用にするようであれば、その会社もブラックということですので、気に留めずに面接に励んでください。

3.こんな転職理由は面接で落とされます

上司と合わないから

ミスをしてしまった際に、上司にいつも人前で怒られ、それが頻繁に起こり、その上司と働きたくなくて異動希望を出したのですが、部署異動も難しかったため転職を決意しました。

はい、突っ込みどころ満載ですね。

人前で怒る上司もおかしいですが、なぜ怒られてしまったのか、自分自身にミスを少なくするという改善点はないのか、部署異動が上司が嫌だからという理由しか見当たりません。

この理由では、正当な理由があったとしても応募者におかしい部分があるようにも見られてしまいますし、改善をしないで諦めた人とも映ります。

評価してもらえないから

会社に平等に評価されず、悩んでいる方も多いことだと思います。

ただこの評価してもらえないという理由は本当に評価がおかしいのだとしても、他の企業には合っているかどうかの判断が出来ない状況ということも覚えておいてください。

もちろん営業成績で〇〇人中、〇位をキープしているであったり、大口案件を獲得して会社に貢献しているにもかかわらず、評価されないなど具体的に数字を話せればOKですが、数字で出せない場合に関してはこの理由は避けておいたほうが無難です。

業績が悪化してきて先行きが不安だから

もちろんこれも十分な理由です。

例えば、コロナの影響で航空業界や観光業界といった、誰でも知っている状況であれば別問題ですが、こういった場合でないときにはこの理由は話さないことのほうが良いでしょう。

会社として業績が悪くなることも今後十分に考えられるわけで、その中ですぐに見切ってしまう方なのだとしたら、うちの会社の業績も悪くなったらすぐに辞めてしまうんだな、と思うわけです。

採用担当は採用する以上、リスクを極力減らして採用をしたいと思っています。

退職理由を聞くのは、同じことがうちの会社でも起きないか?ということを判断しているので、次の会社でも起こりうる退職理由は話さないということが1番なんです。

この方とてもいいな、と思っていても、退職理由で不採用にするなんてことも非常に多いので、しっかり考えていきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました