【転職活動】面接時の服装はどうしたら良い?詳しくご紹介します!

未分類

転職活動で実際に面接を受けるという場面で、悩むのが服装などの「身だしなみ」ですよね。

この記事では身だしなみについてご紹介していきたいと思います!

身だしなみ
  1. 指定がない場合は、スーツが無難(リクルートスーツはやめておこう)
  2. 私服でと言われた場合は?
  3. 髪形や髪色はどうする?
  4. 基本的にネイルはしないかシンプルがマスト
  5. バッグや靴はどうする?

1.指定がない場合は、スーツが無難(リクルートスーツはやめておこう)

服装について、指定がない場合はスーツが無難です。

スーツなんて持っていない!という方もいらっしゃるかと思いますが、学生時代のTHE・リクルートスーツは避けましょう。

街中にいる就活生を見ると想像がつくと思いますが、みんな同じように見えませんか?

就活生と同じような社会人の方だと、社会人スキルや経験がないように見えてしまうというマイナス要因と、単純にリクルートスーツでは働いているイメージが沸かないという理由もあります。

リクルートスーツしか持っていない方は、ジャケットはリクルートスーツのものを使って、ボトムスをシンプルなスカートやパンツにしたり、インナーを襟付きシャツではなく、カットソーなどに変更すると印象が良くなりますよ。

2.私服でと言われた場合は?

面接時にたまに言われること「私服でお越しください」、私服でって言われても・・・と悩まれる方がほとんどですよね。

私服でお越しくださいでどうすれば良いか、それは「オフィスカジュアル」にすることです。

女性のオフィスカジュアルでいうと、【ジャケット】+【インナー(シャツやカットソー)】+【スカート or パンツ】という装いです。

私服で来てほしい会社側の意図として、以下のようなことが挙げられます。

  • TPOをわきまえられる方かどうか
  • 緊張せずに話が出来るように
  • 会社の雰囲気に合うかどうか(アパレル企業などに多い)

TPOをわきまえられる方かどうか

社会人としての意識があれば、TPOをわきまえての行動が求められます。

私服でと言われたら、がっつりスーツは避けて、オフィスカジュアルで伺いましょう。

緊張せずに話が出来るように

会社側の意図として、緊張せずに話してもらいたいという部分もあります。

スキルがしっかりある方なのに、緊張してガチガチではご自身のアピールが全くできませんよね。

会社側のそういった考慮もあり、私服でお越しくださいとおっしゃっているパターンもあります。

会社の雰囲気に合うかどうか(アパレル企業などに多い)

アパレル企業に多いですが、その方が会社のブランドとマッチするかどうかの判断材料の一つとして私服でお越しくださいと言っているパターンがあります。

ブランドイメージはクールな感じなのに、それに合わない感じだったり、その逆も然り。

扱う商材が高級商材の会社であったら、私服でもしっかりとした装いで準備をしているかどうかなども見られているポイントです。

そのブランドのものを持っていれば、身に着けることをお勧めしますが、無理に身に着ける必要もありません。

その会社のブランドイメージに近い装いで行けるかどうかが重要です。

そのブランドのイメージに合う服装にジャケットを羽織っていくのが無難でしょう。

3.髪形や髪色はどうする?

髪形や髪色も気を付けるポイントです。

髪が長い方は、まとめるようにしましょう。お辞儀をする際に顔に髪がかかってしまったり、いちいち髪を耳にかけたりするとその行為に目が行ってしまいますし、少しだらしない印象にもなります。

髪色に関してですが、ヘアカラーチャートの色味で言うと8トーンくらいにしておけば無難です。

というのもほとんどの百貨店が髪色は8トーン以下と定めているところが多く、どの世代のお客様にも失礼ではない色味であるからです。

業界にもよりますが、お堅めの業界であれば8トーン以下がおすすめです。

また職種にもよりますが、お客様対応が多い職種(接客や営業など)は明るすぎない色にしましょう。

4.基本的にネイルはしないかシンプルがマスト

ジェルネイルなど、普段からされていらっしゃる方も多いですよね。

ネイルはしないか、シンプルがベストです。

長い爪も不潔な印象を与えてしまうので、短く整えましょう。

ネイルは何もしないというのが1番無難ですが、ネイルをしたいという方は、淡いピンクやベージュなどの肌になじむ色味で、ラインストーンなどは極力控えましょう。

私もたまに派手なネイルの方と面接でお会いしますが、アルバイト採用であっても評価を下げることもありますので、意外にみられていると思っておきましょう。※特に女性の面接官は見ていますよ。

5.バッグや靴はどうする?

意外に見落としがちバッグや靴についてです。

バッグは、A4サイズが入るサイズで、置いたときに自立してしっかり立つものを選びましょう。

面接時に会社概要やパンフレットなどをいただく場合がありますが、A4サイズが入る大きさであれば安心できますね。

またバッグを床に置くこともありまうが、へたっと倒れてしまっては印象が良くありません。

黒、グレー、ベージュなどの色のバッグをひとつ持っておくと重宝します。

また靴についてですが、つま先の空いていないパンプスがベストです。

かかとがないミュールは歩くときにペタッペタと音が鳴りますし、つま先の空いているパンプスもビジネスマナー的にNGです。

サンダルなんてもってのほかです。

こちらも使いやすい黒などのパンプスを用意しておきましょう。

面接で大事なのは、スキルやその方の内面の部分ですが、その方の内面や考え方が見え隠れする外見も気を使わなくてはいけません。

面接でしっかりアピールしたいのに、いつの間にかマイナス評価されていた・・・なんてもったいないので、しっかりと準備して面接に備えましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました