【転職の始め方】転職しようと思ったらやることリスト

未分類
転職しようと思ったらやることリスト
  1. なぜ転職をしたいのか理由をしっかり考える
  2. 転職の方向性を定める
  3. 履歴書、職務経歴書を作成する
  4. 経歴の棚卸しをする
  5. 転職サイト、転職エージェントに登録する
  6. 転職エージェントのアドバイスを聞いてから、面接をしたほうが良い理由
  7. 応募してみよう
  8. 面接対策
  9. 内定をもらったらすること

こちらの記事はどうやって転職活動をすればよいのかわからない方や不安に思われている方にぜひ読んでいただきたい記事です。

実際に人事部で勤めている筆者が転職の仕方を1からお伝えしていきます。

1.なぜ転職をしたいのか理由をしっかり考える

転職をしたいと思っている方のほとんどは今の会社に何かしらの不満があることがほとんどですよね。

お給与が低い、上司が嫌だ、仕事内容が嫌だ、、、など様々な理由があると思います。

ここで重要なのは、転職すれば叶えられるのかどうかをしっかり考えることです。

今の会社を辞めたい!という理由だけで、転職をすると転職活動が失敗になる恐れもあります。

次の会社ではこんなこと叶えたい!という理由をしっかりと持つことが大切です。

転職をして、希望を叶えられるのであれば、転職活動を始めましょう!

2.転職の方向性を定める

ここで言う「転職の方向性」とは、どんな業種や職種につきたいのか、給与、休暇、福利厚生など譲れないポイントなどを決めておくことです。

たとえば、未経験から異業種、異職種への転職を希望している方は、希望条件がすべて叶うのは珍しいと思ってください。(厳しいようですが、、涙)

何かしらの条件部分で絶対に譲れない条件、少し譲れる条件があると思うのです、そこを整理しておきましょう。

3.履歴書、職務経歴書を作成する

転職サイトや転職エージェントに登録する際に、必要な履歴書と職務経歴書を作成しましょう。

初めて履歴書と職務経歴書を作成する方は、記入もそうですが、証明写真を撮ったりなどもあるため、時間がかかるので早めに着手することをお勧めします。

書き方がわからない方は、転職エージェントに登録すると書類のフォーマットや記入例をもらえたりしますので、おすすめです。

4.経歴の棚卸しをする

「経歴の棚卸し」とは今までどんな仕事をしてきて、どんなスキルがあるのか、など今までの自分を振り返ることのことを言います。

今まで別に大した仕事もしていないし、資格も持っていないし、スキルなんて呼べるものなんてないよ・・・と心配になっている方もいらっしゃるかもしれませんが、大丈夫です!

今までの仕事を振り返ってみて、この時こんな行動を取った、こんな意識で仕事に取り組んでいたなどあると思いますので、その行動を深堀していくと自分の強みなどにつながっていくので、時間をかけてスキルを見つけていきましょう。

自分にはなにもない・・・と決めつけずに、しっかりと振り返って探すことで、必ず見つかりますので、経歴の棚卸しはめんどくさがらずにやりましょう。

5.転職サイト、転職エージェントに登録する

ここまで出来たら実際に転職サイトと転職エージェント会社へ登録しましょう。

私が転職をするときはいつも転職サイトだけでも6~7社、転職エージェント2~3社を利用していて、初めての転職の時はエージェントって何?お金取られるの?とか思っていましたが、転職者は一切お金かかりません。

むしろ初めての転職でチンプンカンプンだった私に転職のアドバイスや職務経歴書の添削、面接対策もしてもらえたので、利用してよかったですし、今も転職するときには必ずアドバイスもらっています。

6.転職エージェントのアドバイスを聞いてから、面接をしたほうが良い理由

私は転職回数が4回ありますが、毎回転職エージェントに登録し、面談をしてもらったり、模擬面接をしてもらったり、求人を案内してもらっています。

転職の相談を受けていた友人の失敗談を話します。

その友人は初めての転職で、職務経歴書を書くのも初めてで「ここはこうしたほうが良い」、「数字で表してみて」、「これじゃ魅力が伝わらないよ」などなど、友人の魅力が伝わる職務経歴書を一緒に作りました。

書類選考を通過し、面接に行ってきたそうなのですが、結果は不合格。

どんな質問があって、どんな回答をしたのか聞いてみると、「それ、言っちゃいけないやつ!(笑)」というのがたくさんありました。

そこで面接についてもアドバイスして、内定をゲット出来ました!

こんな風に、近くに人事経験者がいる場合にはすぐ相談が出来て、職務経歴書を見てもらったり、面接対策をしてもらったりと出来ますが、普通出来ませんよね。

そんな時に力になってくれるのが転職エージェントなんです。

私も人事担当ですが、第三者目線から見てもらいたいのでエージェント必ず使いますし、エージェント経由で応募した会社の情報(どんな人と働くのか、どんな面接官か、今まで落ちた人の特徴)も教えてくれます。

転職エージェントを使うのはちょっと、、と思っている方は一度使ってみるのもおすすめです。

7.応募してみよう

転職サイトに登録をしたら、実際に応募をしてみましょう。

業界、職種、勤務希望地、給与、雇用形態、休日など希望の条件に合うところを探して、マッチするところに応募をしてみましょう。

ここで例えば〇〇経験3年以上、など必須条件で書いてあることがありますが、多少少ない経験でもいったん応募はしてみましょう

職務経歴の内容によっては、書類選考に合格することもあります。

また応募はたくさんしましょう。

良い条件はライバルも多いため、書類に通らないことも多くなりますので、気になるところは応募するに限ります!

8.面接対策

書類選考に通過したら、面接対策をしましょう。

まず求人票を読み取ることがとても大事になってきます。

求めている人物像は求人票からイメージすることが出来ますので、回答も変わってきます。

そして、対面面接だった場合の対策と、オンライン面接だった場合の対策を紹介していきたいと思いますが、しっかりまとめている記事があるのでこちらをご覧ください。

9.内定をもらったらすること

内定を貰い、その企業へ転職を決めた際には、今勤務している会社へ退職の意思を伝える必要があります。

大切なことは、内定を貰ったらすぐに伝えることです。

内定を貰ったら、大体の方は1か月~2か月で入社される方が多いですが、引き留めにあってなかなか上手くいかないという方も出てくるでしょう。

ここで大切なのは、自分の意思をしっかり伝えること

会社や上司は自分ではありません、自分のことを1番に考えましょう。

私も、ベンチャー企業に勤めていた時には、私しかその仕事をしていなくて代わりがいないという状態でしたが、会社もなんとか代わりを見つけるので大丈夫です。

早めに退職の意思を伝えましょう。

また会社により、退職の手続きは若干変わったりしますので、そこは総務なども担当者に聞くのがベストです。

退職の意思をしっかり伝えられたら、あとは後任が困らないように引継ぎ資料を作成したり、引継ぎスケジュールを組んだり、退職日に向けて準備をしましょう。

ここから皆さんの新しい社会人ライフが待っています!!

転職を何回かした筆者が思うこと

私は現在30代半ばで3回の転職をし、4社経験をしています。

初めての転職はとても不安で、何から始めていいかわからず、途方に暮れていました。

今はたくさんの情報があるので、たくさんの情報があるから悩むことももちろんありますが、就職のプロとつながる機会もたくさんあるので、アドバイスをもらいながら良い会社を見つけてください。

様々な会社を経験することはとても良い財産になります。(転職しすぎは、良い印象を持たれないのでそこは注意ですが、、)

転職活動を始められる皆さんに幸せが訪れることを願っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました